Anniversaryの最安値です

そして、忌野清志郎との共作で有名、情緒的映像が浮かび上がる「帰れない二人」。氷の世界!全曲が出来るまで!をライヴを織り交ぜて!見れるのは嬉しい限り。DVDの中身は某国営放送の番組とのことですが、たまにはこういう形で国民に奉仕しても罰は当たらないと思います、特に非BS視聴者としての意見です。

コスパ最強と噂の!

2017年04月01日 ランキング上位商品↑

Anniversary氷の世界 40th Anniversary Special Edition [ 井上陽水 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

「最高のアルバム」自分にはその言葉でしか表現できません。とても喜んでくれてのでよかったです。紙ジャケ仕様のCDとDVDがセットになってさらに紙の外ケースに収まってます。私はこれをLPで聴いた時に!綺麗に3曲が繋がっていると感じてそこにこそ感動したのだが!CDでは!CDの選曲機能ゆえに仕方がないのかもしれないが!3曲の連鎖が途切れ途切れになっているように感じたものだった。「あかずの踏切」は陽水の歌詞に星勝が曲をつけ直す事によって!がらっと趣きを変え!一曲目としてのキャッチーさは充分だ。とてもいいです。改善されているようにも聞こえるし、前作CDから変わってないようにも思える。その中で、ラジオから流れてきた「昼寝をすれば夜中に眠れないのはどういう訳だ」という歌詞に興味を持ち、それが、一人の歌手に興味を持ち、その歌手ばかりを録音するようになった。「東へ西へ」が「陽水2センチメンタル」の収録だから、「氷の世界」は、私が陽水を聴き始めて間もなくの事だった。井上陽水世代ではありませんが!心地よく聞けました。LPを持っていますが、時代が古すぎでして…氷の世界は、今聴いても感動物です。この件は!もう少し聴き比べが必要だ。いいですね。全曲歌えますから。やはり、いいですね。私はリアルタイムでその放送を見たのですが、それがDVDで保存できるのは嬉しい。私も時間があるときにゆっくり聴きたいと思います。こちらは聴き比べは容易ですので、お試しを!DVDは過去にNHKで放送した、「井上陽水 ドキュメント 氷の世界40年日本初ミリオンセラーアルバムの衝撃とその時代」です。同学年共通のムーブメントだったように思う。付属のDVDも楽しかったです。LP!買い直したCD!そして今回と。最高です。ボーナストラックの「白い一日」アナザーテイクは、後半のヴァイオリンの情緒を煽るようなパーツがなく、より陽水のエキセントリックな歌い上げが、直截的に伝わってくる秀作です。それが井上陽水との出会いだった。その2作を「はじまり」で繋ぐ事で連鎖が仕上がっている。欲しくなったようです(妻)。私にとって!氷の世界の最大の魅力は!1曲目から3曲目までの切れ目なしの流麗なメロディの連鎖だ。レコード持っていますが、購入しました。小学6年生の頃だったか、初めてラジカセを買ってもらい、ラジオから流れる音楽をカセットに録音する、という日々を送っていた。当時のレコードは目の当たりにした記憶が無いですが、リマスターの音質は感無量です、そんな昔にこの音があったとは・・。そこが今作ではどうなっているか、が最大の興味ポイントだった。昔からのファンで、氷の世界ももっていますが、DVDを見てみたくて注文しました。「氷の世界」は都合3枚買っていることになる。大満足!知人に頼まれて購入しました。CDはレコード盤を模したデザイン、DVDはオープンのビデオリールを模したかと思いきや、DVD本編でも紹介されている16chマスターテープなのでした。でも、そこにこそ、楽しみがあるのだけれど。さて、聴いてみると、正直なところ・・・良く判らないのだ。どうか“聴いて”“感じて”下さい。